EV用急速充電器の試験

EV用急速充電器の出力負荷試験を抵抗負荷装置で実施した場合、負荷電流の設定は手作業で行うことになりますので負荷設定を急激に変化させることは出来ません。これを電子負荷装置に置き換えることにより電子負荷の持つ様々な動作モードを利用することができますので、急激な電流変化や電流追従試験など、様々な試験が可能となります。このアプリでは、大容量直流電子負荷装置34300シリーズによる試験システムの構成例をご紹介します。


製品情報
製品名型名主な仕様
大容量プログラマブル交流電源6360P三相PWM 方式 60kVA
大容量直流電子負荷装置343401000V, 400A, 40kW