当ページ掲載の記事は、製品および製品のご利用シーンに関連する技術を中心にご紹介いたします。

記載されている内容は、すべてが製品に採用または関連しているとは限りません。
製品が掲載されている場合、ご覧になっているタイミングにより販売を終了している可能性がございます。別途ご確認いただけますようお願い申し上げます。

リップルノイズの多チャンネル自動測定

リップルノイズの多チャンネル自動測定

製造ラインで手間のかかるもののひとつとなる「リップルノイズ測定」の効率改善についてご紹介します。


有寿命部品と機器の故障(寿命)について

有寿命部品と機器の故障(寿命)について

使用頻度や経過時間、使用環境によって摩耗、劣化の進行に大きな差が生じ、修理による再生ができなくなる有寿命部品についてご紹介します。


リップルノイズ測定用差動プローブ

リップルノイズ測定用差動プローブ

リップルノイズの測定誤差となるコモンモードノイズを大幅に低減させる高性能差動プローブについてご紹介します。


Reading(リーディング)について

Reading(リーディング)誤差について

機器を操作して電圧や電流を出力し、その値を表示させるような場合に発生する誤差にはいくつかの種類があります。ここでは、機器が測定した値の確からしさを規定した「Reading(リーディング)誤差についてご紹介します。


油中電極冶具装置 TK-O-20Kについて

油中電極冶具装置 TK-O-20Kについて

絶縁油を使い、供試体の絶縁破壊試験を行う電極治具装置とその試験方法についてご紹介します。弊社では、安全試験器(耐電圧試験器)専用の制御ソフトウェアを使うことで、効率的な試験を行っていただくことが可能です。


過渡過電圧の発生原理と対策

過渡過電圧の発生原理と対策

直流回路において瞬間的に大幅な電流量の減少が発生したとき、回路上のインダクタンス成分に蓄えられたエネルギーが電圧として現れる現象「過渡過電圧(瞬時スパイク電圧)」の発生原理とその対策についてご紹介します。


リップルノイズ測定と誤差の要因

リップルノイズ測定と誤差の要因

リップルノイズ測定をより正確に行うために考慮すべき点についてご説明致します。


精度と確度

計測の精度と確度について

高精度の計測装置における精度ど確度についてご説明致します。


計測機器と安全規格

計測機器と安全規格

安全規格に基づいて実施する安全試験器(耐電圧試験器)を使った試験についてご紹介します。


系統連系装置の無効電力制御について

系統連系装置の無効電力制御について

系統連系装置による無効電力制御とその効果についてご紹介します。


ヘルメット絶縁保護具自主検査器 IK-10-HJ

ヘルメット絶縁保護具自主検査器「IK-10-HJ」について

電気保護帽(産業用ヘルメット)の耐電圧性能を規格に基づき確認する自主検査器「IK-10-HJ」についてご紹介します。


大容量AC/DC電子負荷3270シリーズ

大容量AC/DC電子負荷「3270シリーズ」について

定格電力1875Wモデルから22500Wモデルまで、幅広い電力帯域を持った交流/直流電子負荷「3270シリーズ」についてご紹介します。


直流電子負荷のスルーレートについて

直流電子負荷のスルーレートについて

電子負荷における、負荷電流の応答速度を表す「スルーレート」についてご紹介します。


DAB

DABについて

絶縁トランスのの両側にフルブリッジ回路を持つDAB(Dual Active Bridge)についてご紹介します。


超高電圧耐電圧試験器 7470シリーズについて

超高電圧耐電圧試験器7470シリーズについて

超高電圧出力で、専用治具と組み合わせて多様な供試体の耐電圧試験を実施できる7470シリーズについてご紹介します。


三相の「3線」と「4線」について

三相の「3線」と「4線」について

配電線路の電気方式としてよく使われる「三相3線」「三相4線」について、弊社交流電源を交えてご説明、ご紹介いたします。