カーボンニュートラル(脱炭素)に対応した発電機の試験方法

2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現に向け、Co2削減が今後企業における付加価値として注目されていく中、Co2削減させる方法として消費エネルギーを回生する電力変換方式が高い効果を発揮します。従来エンジン発電機などの評価では、抵抗負荷を用いる為、負荷電力は熱エネルギーに変化し空気中に放熱されます。放熱による冷却の為空調も必要となり抵抗負荷の場合Co2は、削減することなく排出するのみでした。抵抗負荷を交直両用回生電子負荷NT-AA-10KE-Lに置き換えることで、負荷電力を最大90%回生できる為、1か月あたり最大で約640kgのCo2を削減することが可能です。

テストイメージ

脱炭素、Co2削減に対応した発電機の試験方法

特長

  • 歪み波形に強い発電機用定電流/定抵抗モードをオプションで準備
  • 発電機評価に最適な力率可変機能。家電製品からモーター機器などの駆動模擬が可能
  • 定格電力15%以上で回生効率80%以上。広範囲で高効率回生を実現

関連製品

回生型交直両用電子負荷「Ene-phantシリーズ」


本アプリケーションに記載された情報は作成発行当時(発行年月日)のものとなりますので、現行としてシリーズ・機種・型式(オプション含む)が変更(後継含め)及び販売終了品による廃型になっているものが含まれておりますので、予めご了承下さい。
本情報はテストソリューションにおけるDUT(供試体)・JIG及び当社製品のアプリケーション構成フローのご参考としてご覧下さい。
現行及び詳細については弊社営業部までお問合せ下さい