Ene-phantシリーズは、回生機能搭載を軸に製品展開をしております。いずれも高い効率と充実の機能でお客様をサポートします。

回生型電源(電子負荷)とは?

一般的な電子負荷(回生でないもの)は、ドロッパー方式と呼ばれ試験対象の電源や電池などから供給された電力を「熱」として空気中に放出します。このため、大電力の電子負荷になるほど発熱量も多くなります。 これに対して、回生電子負荷は電力を熱として放出せず供給側の電源(系統)に戻して再利用することができるものです。このため、無駄な熱を出すことはなく、電力の再利用によりトータル的な電気代も抑えることができます。

回生電子負荷とは?

一般的な電子負荷はリニア方式やドロッパ方式と呼ばれ、電子負荷に流れ込む電流(電力)は「熱」として空気中に放出されます。このため、大電力用の電子負荷では、大きな発熱となるため冷却用のファンが必要なのはもちろん、場合によっては電子負荷が設置された室内の空調も必要となります。
これに対して回生方式の電子負荷は、電子負荷に流れ込む電力を熱に変えるのではなく、電源系統に戻し電力を再利用することが出来るというもので、発熱が少なく、回生方式でない電子負荷と比較してサイズも小さくすることができます。