ワットチェッカーの8種類の測定項目について教えて下さい。

測定項目は以下の8種類になります。

  1. 電圧測定
    交流電圧の実効電圧を測定結果として表示します。
    ワットチェッカーでの単位表示は、[Volt]表示となります。
  2. 電流測定
    交流電流の実効電流を測定結果として表示します。
    ワットチェッカーでの単位表示は、[Amp]表示となります。
  3. 電力測定
    負荷で実際に消費された電力の測定結果を表示します。
    各瞬間の電圧と電流の積を1周期で平均した時の電力が測定結果となります。
    ワットチェッカーでの単位表示は、[Watt]表示となります。
  4. 皮相電力測定
    意味は名のごとく表向き(見かけ)の電力結果となり、実際の電力とは異なります。
    皮相電力測定値は、[電圧測定]と[電流測定]の積の計算値となります。
    ワットチェッカーでの単位表示は、[VA]表示となります。
  5. 力率
    簡単には交流電力の効率を示します。
    力率は[皮相電力]÷[有効電力]の商の計算結果となり、パーセント表示されます。
    ワットチェッカーでの単位表示は、[PF]表示となります。
  6. 周波数
    交流の周波数の測定結果を表示します。
    東日本は 50[Hz], 西日本は 60[Hz]となります。
    ワットチェッカーでの単位表示は、[Hz]表示となります。
  7. 積算電力
    電力の総和が積算電力となります。
    ワットチェッカーでの単位表示は、[KWH]表示となります。
    [KWH]は、1時間[H]当たり何[KW]の電力を消費したかを意味しています。(補足:電力1[KW]は1000[W]に相当します。)
    9999[KWH]を超えると表示が9999から変化しないため、リセットを行う必要があります。
  8. 積算時間
    測定開始時刻から、ワットチェッカーが測定している積算時間となります。
    表示 表示の意味
    00:00 – 99:59 [時間] : [分]
    0100 – 9999 時間
    9999[KWH]を超えると表示が9999から変化しないため、リセットを行う必要があります。