数値パラメータの設定方法(指数表現方法)と設定範囲についての注意事項

SCATでの数値表現には小数表現(例:0.00015)と、指数表現(例:1.5e-3)がありMKSA単位系で表示されます。
また、指数表現の形式は(仮数部)e(符号)(指数部)


  0.047 は 4.7e-3
  95200 は 9.52e4

となり、使用できる指数記号は以下の通りです。

p 1.0e-12
n 1.0e-9
u 1.0e-6
m 1.0e-3
k 1.0e+3
M 1.0e+6
G 1.0e+9
T 1.0e+12

【注意点】
1.0e-6(マイクロン)を示す指数記号はuとなっており、1.0e+3(キロ)を示す指数記号は小文字のkとなっています。
また、PC内部での演算精度からシミュレーションする回路での素子定数の設定範囲は1.0e12程度が最適であり1.0e17〜1.0e18を越える素子定数の設定では演算誤差が発生します。