製品添付のOCXをVisualStudioにて使用する方法を教えてください。

以下、VS2008での説明となります。

  1. 製品添付のOCXをインストールします。
    ※USBドライバーのインストールが完了し、PCより認識可能になっている状態でインストールを行ってください。
    インストール方法
  2. VisualStudioのツールボックスへOCXを追加します。
    ツールメニューのツールボックスアイテムの選択をクリックします。

    COMコンポーネントのタブで”KEISOKU GIKEN LN Series Control”にチェックを入れます。
  3. Windowsフォームアプリケーションプロジェクトを作成し、フォーム上にツールから”KEISOKU GIKEN LN Series Control”をクリックしフォームにコントロールを貼り付けます。

  4. プログラミングを行います。

    ※戻り値を取得する場合、例外が発生する場合がありますので、必ずnullで初期化したものを渡してください。