リップルノイズってなに?

ひとことで言うと、「電源の直流出力にあらわれる(本来必要無い)微小な振動やノイズの成分」です。
上図はリップルノイズ波形を模式化したもので、A縲廢の部分の電圧値からいくつかの値を測定し、スイッチング電源の性能をはかる指標として使用します。

リップルノイズ波形の模式図

種類説明
スイッチングノイズ
(図のC部分)
スイッチング電源内部のスイッチング回路により発生するもので、スイッチング周波数に同期して現れるスパイク性の波形です。
スイッチングリップル
(図のB部分)
スイッチング電源出力側の平滑コンデンサにより平滑しきれなかった成分で、スイッチング周波数に同期した三角波状の波形です。
ACリップル
(図のE部分)
入力側の商用周波数成分(50Hz, 60Hz)を除去しきれずに出力側に現れるものですが、一般的には非常に小さい電圧になります。
当社のリップルノイズメータ製品情報はこちら