自動評価ソフトウェアTPは、「試験プロセスの自動化」を支援するためのソフトウェアです。

本体標準価格(税別)
¥1,500,000
右図はTPと他のソフトウェア製品との比較をイメージ的にあらわしたものです。

横軸: カバー範囲(できること。幅が広いほど様々な要求に対応可能)
縦軸: ユーザ固有の要求仕様(最上部がやりたいことのゴールを表します)

これを見ておわかりのように、TPのカバー範囲は電源の自動評価に限定しているため最も狭くなっていますが、要求仕様(お客様の電源の自動評価、評価リポート作成)まで到達するための手間(A)は他の製品(B, C)と比較し、最も少なくなっています。従って、TPは導入後短期間で実際の業務に貢献することが可能となっています。

※LabVIEW, LabWindows は、National Instruments社の登録商標です。
ソフトウェアの名称概要
Process Creator
(プロセスクリエータ)
自動評価をするためのプロセス(試験プログラム)を作成・編集・実行し実行結果(測定値、波形データ)をPCのハードディスクに保存します。
Report Creator
(リポートクリエータ)
Process Creatorにより保存された実行結果の内容から必要なデータを抽出し、評価リポートを作成・印刷します。
また、必要に応じてMicrosoft Excelにデータを転送しリポート作成することも可能です。
機種IBM PC-AT 互換機
CPUPentium Ⅲ 1GHz 以上
メモリ512MB以上
HDD5GB以上の空き容量
OSWindows 7 (32bit)
自動評価ソフトウエアTPでは、下図のような流れにそって自動評価を実行します。Process Creatorで評価プログラムの作成・編集・実行・デバッグを行い、Report Creatorでは取得された各種データファイルを元に評価リポートの作成を支援します。
 ファイル形式保存場所備考
数値データASCIIPC内のHDD
Report Creatorにより、表、グラフとして出力(印刷)することができます。
波形データ(1)バイナリPC内のHDD
Report Creatorにより、波形として出力(印刷)することができます。
波形データ(2)BMP, JPEG等の画像ファイル(※)DSO内の各種メディアDSO内の各種メディア
使用するDSO(デジタルオシロスコープ)の機能により自動評価で取得された波形を画像(イメージ)ファイルとしてDSO内に保存します。
波形データ(2)用対応表CSV(カンマ区切り形式)PC内のHDD
DSO内に保存された波形ファイルの名称、評価条件等がリスト化されたCSV形式のファイルです。
※DSO内に保存可能なファイル形式は使用するDSOの機種に依存します。
製品カタログ

直流(双方向)電源・電子計測器・
電源自動試験システムカタログ

記載されている仕様・形状等は、改良等により予告なしに変更されることがあります。最新の製品情報につきましては、当社までお問合せ頂けますようお願い致します。