交流電子負荷


小容量300W以下に対応するモジュールタイプと最大200kWの大容量に対応するラックタイプをご用意。スマートグリッド実証実験の負荷模擬試験や各種インバータ、UPS等の負荷変動試験に最適な交流電子負荷装置です。

電子負荷とは?

ひとことで言うと、「色々な電源の出力に模擬負荷として接続し電源の性能を試験するためのもの」です。

電子負荷は何のために必要?

例えば、皆さんが使っているパソコンやコピー機、液晶テレビなど家庭用コンセントから電源を取るほとんどの電気製品の中には交流を直流に変換する「スイッチング電源」と呼ばれる電源が内蔵されています。
この「スイッチング電源」は入力側に交流(日本国内では電圧100V)を入れると出力側に数V~数十Vの直流が出てくるというものです。パソコンの中に組み込まれているスイッチング電源は出力側の直流を使ってCPUやハードディスク、DVDドライブなどを動かしています。
このCPU やハードディスクなどのかわりに電子負荷を接続し、電源の出力側に電流を流します。このとき、実際の電流よりも多く流したりして(実際の使用条件よりも厳しい条件で)試験するために電子負荷が使用されています。


回生型交直両用電子負荷 10kW/50kW

高効率の電力回生機能搭載した0kW/50kW原単位の電源・電子負荷(双方向)です。2次電池への直流充放電やインバータや燃料電池(FC)の交流電子負荷、UPS試験の交直流両用電子負荷にも対応できます。
【スイッチング方式】10kW~250kW
電子負荷入力:DC1,500V/1,000A
電子負荷入力:AC350Vrms/825Arms

続きを読む

32701シリーズ

32701

シミュレーション機能を搭載した大容量プログラマブル交流電子負荷です。単相5.6kWから、マスタースレーブ接続により単相180kW、三相67.5kWまで容量拡張が可能です。

【ドロッパー方式】単相5.6kW~180kW / 三相:~67.5kW

続きを読む

3270シリーズ

マスタースレーブに対応した単相・3相交流電子負荷装置です。

【ドロッパー方式】単相1.875kW~3.75kW / 三相:5.625kW~11.25kW

続きを読む

3250A / 3260Aシリーズ

小容量の各種実験やPCS、各種インバータの試験に最適な交流電子負荷装置です。

【ドロッパー方式】300W / 60V ~ 300V / 4A ~ 20A, 1.2kW / 300V / 12A

続きを読む

AC E-Load Player シリーズ

ace-load-player

シーケンスの作成、実行、モニタリングとロギング、直接制御、専用機能アシスト、パラメータ設定の5種類の機能をパッケージした、3270/32701シリーズ専用のアプリケーションソフトウェアです。3ph(三相)モードにも対応しLAN通信で遠隔制御が可能です。

続きを読む

3260 Controller

当社Webサイトから無償公開中!
負荷模擬に適した連続変動試験など、4種類の機能をパックしたソフトウェアです。

続きを読む