「VP4000」は4K対応画像評価装置です。4K対応の二重刺激(比較方式)画像評価が可能となりました。
2160 59.94p フルサンプルの 4K 基準画像及び評価画像の時間軸を補正し、画素同士ピッタリと合わせこみ、その輝度差分値 Y_PSNR と共に、HDR 対象画素の評価用に PSNR HDR 、BT2020 で規定される広色域の評価用に PSNR 2020 を測定できるようにしました。さらに ITUTJ.144 をベースとした評価方式に加えて、HEVC 特有のブロック境界ノイズ及び HDR 注目領域に対する視覚重みづけを新たに開発することで、より高い精度で 4K 画像評価を可能とする客観評価値(DSCQS HDR / HEVC)を算出します。
なお、従来の1080i 画像評価は、PROBE4000 ボード1枚で可能です。


製品に関するお問合せ

機能説明・使用方法動画

0:機器の接続方法1:VP4000接続のためのPC設定2:VP4000オンライン測定3:オフラインデータ分析4:各対処方法

4-1:IPアドレスの変更

4-2:GUIが動作しない場合

接続イメージ

評価対象

  • 解像度/フレームレート:3840 x 2160, YC 4:2:2, 10 bit, 59.94p/50p (PROBE4000を4枚使用)

    SDI:3G-SDI Level A or Level B Quad入力、SMPTE 424M/ SMPTE 425M
    画像分割:Square Division(田の時分割)及び2-Sample Interleave

  • 解像度/フレームレート:1920 x 1080, YC 4:2:2, 10 bit, 59.94i (PROBE4000を1枚使用)

PSNRと主観評価

二重刺激評価で得られた客観評価値は、人間による主観評価値(QoE)そのものとして使用できるため、以下のようにユーザ品質要求を満足しているか否かをフィールド単位で、精密に判定可能です。放送局などでは、通常、12%以下の劣化度(5段階で4.5以上)であれば、サービス上、問題なしとしています。

※DSCQS : Double Stimulus Continuous Quality Scale.(二重刺激連続品質尺度)

PROBE4000ボード仕様

入力信号
映像信号
<規格>
BNC2系統(3G SDI またはHD-SDI)
(1)基準画像(SDI-1 IN)
(2)評価画像(SDI-2 IN)
映像信号
<対応フォーマット>
3840 ×2160 YC 4:2:2, 10bit, 59.94p/50p
3G-SDI Level A or Level B Quad Link, SMPTE 424M / SMPTE 425M
1920 ×1080 59.94i(SMPTE274M)
タイムコード信号VITC, LTC
出力信号
映像信号評価画像/差分画像モニターアウト及び測定結果、遅延量などのOSD表示(MONITOR)
画像・評価画像のフレーム遅延量
・画素反転/小ブロックノイズ検出(画素エラー)
・PSNR測定:Y_PSNR, PSNR HDR , PSNR 2020
・DSCQS
- ITU-T J.144
- HEVC ブロック境界ノイズ重みづけ
- HDR 注目領域に対する重みづけ
同期/補正
画像同期・遅延補償時間:0~15秒(3G SDI)、0~30秒(1.5G SDI)
<同期方式> 自動同期/ マニュアル同期

VP4000シャシ製品仕様

外形寸法19インチラックマウントサイズ2U
幅:奥行:高さ=420:463:88(mm)
消費電力100V~240V, 50Hz/60Hz, 35VA(最大)