Rovocam

HDBaseTと4K/HDカメラの統合

RovoCamは産業、企業、セキュリティ、オーディオビジュアル業界、放送用アプリケーション向けに開発された、AJA初のコンパクトカメラです。RovoCamのHDBaseTインターフェイスはカテゴリー5e/6のシングルケーブル経由でUltraHDビデオのコントロール、給電、オーディオ、RS-232をサポートします。

対応するレシーバーは次の2製品です。
RovoRx-HDMIはHDMI出力とステレオオーディオ出力、コントロールや電力供給の機能をシンプルに統合しています。RovoRx-SDIは、6G/3G-SDI出力とHDMI出力の両方に対応し、さらにゲンロックやその他プロフェッショナルな機能を搭載しています。

どちらの製品もPower over HDBaseT (PoH) により、電源から遠く離れた場所にあるRovocamにも電源供給が可能です。両製品のインターフェースはRovoControlです。MacとPCに対応する強力なコントロールソフトウェアで、RovoCamの多数の先進的な機能を完全に制御します。