RovoCamに対応するレシーバー2種とHDBaseTの規格に準拠するコンバーターをご紹介します。


RovoRx-SDI

RovoRx-SDI

HDBaseT → 6G/3G-SDI、HDMI (PoH対応)
RovoCamから出力された信号を受信し、4系統の6G/3G-SDI、HDMIビデオとオーディオで出力できるよう設計されたUltraHD/HD 対応の HDBaseTレシーバーです。


RovoRx-HDMI

RovoRx-HDMI

HDBaseT → HDMI (PoH 対応)
RovoCamから出力された信号を受信し、HDMI ビデオ/オーディオで出力できるよう設計された UltraHD/HD対応のHDBaseTレシーバーです。 100m先まで離れたRovoCamからビデオやオーディオの信号を受信し、HDMI対応のテレビやデバイスへと出力しながら、カメラへ電源を供給します。


HDBaseT

HDBaseT

HDBaseTでビデオとコントロール機能を提供
HDBaseTシリーズ は、既存のCat5 (またはそれ以上) ケーブルを介して、業界標準のHDBaseT プロトコルを利用しUltraHDやHDのHDMI信号を最大100m先まで簡単に延長することができるソリューションです。
デバイスコントロールが可能な双方向のIR信号や RS-232に対応し、備え付けのオーディオビジュアル装置やデジタルサイネージ、ライブイベント、ポストプロダクションのネットワークやスタジオなどの設備、オンセットといった様々なシーンにおけるワークフローの幅を広げます。