8K(7680×4320)@60HzをSquare分割方式で記録再生を行うレコーダーシステムです。制御ユニットによるパネル操作により、基本的なVTRライクなオペレーション機能を提供します。

特長

  • 8K対応(Square 4分割方式による)
  • HDMI2.0の入出力 YCbCr 4:2:2 10bit対応
  • Apple ProRes422 HQまでのコーデックでの収録、再生が可能
  • HDR InfoFrameのメタデータ生成、HDMIディスプレイへのHDR伝送が可能
  • 8K→4Kへのダウンコンバートが可能
  • 16チャンネル同時出力可能

ワークフロー


オーダリングインフォメーション

 内容型名
本体ProRes8Kレコーダ(256x4/1Tモデル)KRS-8K-1T2-P
ProRes8K レコーダ(256x8/2Tモデル)KRS-8K-2T2-P
ProRes8K レコーダ(512x4/2Tモデル)KRS-8K-2T5-P
ProRes8K レコーダ(512x8/4Tモデル)KRS-8K-4T5-P
ProRes8K レコーダ(1Tx4/4Tモデル)KRS-8K-4T-P
ProRes8K レコーダ(1Tx8/8Tモデル)KRS-8K-8T-P
オプション
フライトケースKRS-8K-C
ラックマウント・プレートKPU-SHELF ※1
追加メディア(256GB SSD)PAK256 R1 SSD
追加メディア(512GB SSD)PAK512 R1 SSD
追加メディア(1.0TB SSD)PAK1000
外部データーローダーPAK DOCK※2

主な仕様※4

ビデオフォーマット8K(7680×4320)/59.94P,(60P)
対応コーデック再生時Apple ProRes 422 HQ , 422 , LT , Proxy
記録時Apple ProRes 422 , LT , Proxy ,(HQ ※3)
記録メディア最小構成4スロット, 最大構成8スロット PAK512/PAK 256/(PAK1000 )
記録時間※5PAK512GB , SSD メディアパック1パック分
ProRes422時 約51分
ProRes422 HQ時 約68分(PAK1000限定) ProRes422 LT 時 約74分
ProRes422 Proxy時 約165分
デジタルビデオ入力16x 3G-SDI, SMPTE-292/296/424, 10bit
4x HDMI v2.0, YCbCr, 4:2:2 10bit
デジタルビデオ出力16x 3G-SDI, SMPTE-292/296/424, 10bit
4x HDMI v2.0, YCbCr, 4:2:2 10bit
デジタルオーディオ入力32チャンネル, 24-bit SDI エンベデッドオーディオ, サンプルレート 48kHz, 同期
32チャンネル, AES/EBU (1/2 x DB-25 Loom コネクター経由):オプション
デジタルオーディオ出力32チャンネル, 24-bit SDI エンベデッドオーディオ, サンプルレート 48kHz, 同期
32チャンネル, AES/EBU (1/2 x DB-25 Loom コネクター経由):オプション
ユーザーインターフェース制御ユニットによるボタン操作 ( ビデオの設定はKi Pro Ultra Plus 本体になります)
システム外形寸法運用時 ( ケースの前後のカバー、突起物含まず)525 (W)×475(D)×305(H)mm
移動時 ( ケースの前後のカバー装着時突起物含まず)525(W)×640(D)×305(H)mm
システム質量37.5Kg( フライトケース、ケーブルを含む)
システム消費電力AC100V~240V
210VA±10%
※1 1システム当たり2個使用します。 ※2 USB、Thunderboltケーブルは別売りです。 ※3 ProRes 422 HQレコーディングは、PAK1000を使用する場合に可能です。 ※4本製品は、制御ユニットによる同期運転システムです。基本的な技術仕様は Ki Pro Ultra Plusの情報を参照ください。なお、ご発注の際は当社にお問い合わせ下さい。 ※5 Apple ProResコーデックは、可変ビットレート(VAR)エンコーディングを利用している為、収録される映像によって容量は若干異なります。 収録時間はAJA Data Calcによって得られた計算値を表記しております。
製品画像には、(株)キュー・テック社製 「QT-8000」シリーズの映像を使用しております。

ダウンロード

thumbnail of KRS-8K Plus_A4_JP_light

KRS-8K Plus 製品カタログ