歴史
当社の歴史
2019年
  • デジタルサイネージ用LEDディスプレイ製品取扱開始
2018年
  • 上海柯研信息科技有限公司を中国上海市に開設
  • 名古屋オフィスを愛知県名古屋市に開設
2016年
  • 株式会社目黒電波測器と合併し存続会社に。
    新たに目黒電波測器事業部を加えた3事業部となる
  • 大阪営業所と関西サテライトを統合。
    大阪オフィスとして大阪府吹田市に移転
2015年
  • パワーウェア事業部がパワエレ事業部に名称変更
2013年
  • 関西営業所を関西サテライトと改め吹田市に移設
2011年
  • 株式会社目黒電波測器と業務提携を結ぶ
  • 関西営業所を大阪市に開設
  • パワーウェア事業とビジュアルウェア事業の事業部制発足
  • 「大型カスタム蓄電システム製造事業者」として資格登録
  • 平成23年度横浜知財みらい企業に認定される
2010年
  • 第43回グッドカンパニー大賞 優秀企業賞受賞
  • 品質マネジメントシステム(ISO9001)2008年度版への移行完了・認証取得
2009年
  • 環境マネージメントシステムISO14001を取得
2008年
  • 創立35周年を迎える
  • 屋上緑化庭園完成
  • 平成19年度横浜価値組企業に認定される
2007年
  • ラスベガスで開かれたNAB2007展示会に自社ブースで初出展
  • 中国SOHO事務所開設
2004年
  • 資本金を9,500万円に増資
2003年
  • 創立30周年を迎える(3月3日)
  • 品質マネジメントシステム(ISO9001)3年目の更新審査完了
2002年
  • 品質マネジメントシステム(ISO9001)2000年度版への移行完了・認証取得
2001年
  • 台湾Prodigit社と資本提携を行う
2000年
  • 品質システム(ISO9001)認証取得
1999年
  • 業務拡張のため新社屋の建設を行う。
    本社(大倉山)、綱島事業所、営業本部(新横浜)を統合。
    横浜市都筑区に移転する
1993年
  • 創立20周年を迎える(3月3日)
1990年
  • 資本金を7,000万円に増資
1989年
  • 業務拡張に伴い、本社を港北区太尾町に移転する
  • ワークステーション用ハイビジョンフレームグラバー「CFM」を 開発
    (ビジュアルウェア事業のはじまり)
    同製品が日本システム協会より優良品褒賞を受賞する
1987年
  • 業務拡張のため、港北区新横浜に営業本部を設置
1986年
  • 資本金を6,000万に増資
  • 電源自動検査システムを第1回スイッチング電源システム展に展示
1983年
  • 創立10周年記念パーティーを開催
1982年
  • 資本金を4,000万に増資
1980年
  • 資本金を1,500万に増資
  • 標準品の生産工場として港北区太尾町に大倉山工場を新設
  • 電源自動検査装置「K-230」開発(パワエレ事業のはじまり)
1978年
  • 資本金を1,000万に増資
  • 家庭用VTRシリンダー生産ラインの自動検査設備開発
1977年
  • 事業拡大のため、本社工場を港北区綱島東6丁目に移転する
1975年
  • 資本金を500万に増資
  • コアレスモータ―検査装置開発
1974年
  • 空調フィルターを応用した非接触デジタル速度計開発
1973年
  • 資本金200万円にて創業設立  本社工場を横浜市港北区牛久保町に構える
  • デジタルQメータ開発
電源機器事業 開発・発売/事業部年表
こちらをご覧ください。
映像機器事業 開発年表
2021年
  • 非圧縮再生専用サーバー「UDR-40SP-DV」開発
2016年
  • ProRes 8K レコーディング・システム「KRS-8K」開発
  • 8K DualGreen 対応データストレージ「UDR-XL40」開発
2015年
  • 4Kカメラフォーカスアシストユニット「FA-P1」開発
2014年
  • 1Uサイズラックマウント対応の超解像ユニット「FE-R1EX」開発
2013年
  • ナイキスト周波数を超える周波数成分を復元する超解像ユニット「FE-B1」開発
2011年
  • NAB2011にて韓国Redrover社と共同開発した「4K-3Dモニター」発表
  • 3G-SDIを搭載した非圧縮レコーダー「UDR-N50」開発
  • HDMIを搭載した「UDR-40S-HM」開発
  • 4K対応コンパクトSDI/HDMIコンバーター「Quad MC」開発
2010年
  • 非圧縮レコーダー「UDR-40S」開発
2008年
  • NAB2008にてカメラマウント対応小型非圧縮レコーダー「UDR-D100」発表
2007年
  • フラットパネルディスプレー開発用半導体メモリレコーダー「XD」開発
2006年
  • スーパーハイビジョン対応ディスクレコーダ「UDR-20S」開発
  • フィールド用非圧縮ディスクレコーダ「UDR-5S」を開発
2005年
  • 4Kデジタルシネマ対応ディスクレコーダ「UDR-10E」開発
2002年
  • HD/SD専用ディスクレコーダー「UDR-2E」開発
2000年
  • 次世代動画ハードディスクメモリ「UDR」開発
1997年
  • ファイバーチャンネルディスクアレイシステム「Nextorage」開発
1994年
  • ハイビジョンフレームグラバ「CFM-dash」開発
1993年
  • ワークステーション用大容量動画メモリ「DFM」開発
1989年
  • ワークステーション用ハイビジョンフレームグラバー「CFM」を 開発
    (ビジュアルウェア事業のはじまり)
電子計測器事業 開発年表
2020年
  • オーディオアナライザ・AM/FMステレオ信号発生器(一体型)新機種「MAS-8401・MAS-8401OSC」開発
  • AM/FMステレオ信号発生器 新機種「MAS-8421」開発
2016年
  • ラジオアナライザ「MAS-8400」開発
2013年
  • AM/FM集中信号発生器「MSG-2530」開発
  • GNSS信号発生器「MSF-2060」開発
  • DSRC/DSSSテスタ「MSG-2192 」開発
2011年
  • 電波ビーコンデータ対応信号発生器「MSG-2191」開発
2009年
  • HD Radio信号発生器「MSG-3100」開発
2007年
  • FM多重信号発生器「MSG-2173」開発
  • 電波ビーコンシュミレート用信号発生器「MSG-2180」開発
2006年
  • BD用ジッタメータ「MWJ-6393/6393U」開発
2005年
  • FMステレオ/FM-AM標準信号発生器「MSG-2280」開発
  • GPS標準信号発生器「MSG-2051」開発
  • オーディオアナライザ「MAK-6630」開発
2004年
  • GPS標準信号発生器「MSG-2050」開発
  • デジタル表示付きジッタメータ「MJM-631E/6392E」開発
2003年
  • NTSC方式のカーナビ用ビデオパターンジェネレタータ「MPG-9423」開発
  • カーステレオ向けBTLサウンドチェッカ「MBS-9423」開発
  • CD/DVD光ピックアップ検査システム「MEU-21/22」開発
2002年
  • 組込タイプCD/DVDジッタメータ「MJM-631U/MWJ-6392U」開発
2001年
  • CD/DVD校正器「MJS-640」開発
  • DDS方式の一体型信号発生器「MSG-2200」開発
  • 携帯電話GPS機能試験用GPS信号発生器「MSG-2041-1」開発
2000年
  • FM-AM・FMステレオ/FM-AM標準信号発生器「MSG-2270/2271」開発
  • 1MHz~2GHzカバーするハンディタイプウェーブモニタ「MSA-4916」開発
1996年
  • CDジッタメータ「MDJ-6360A/6370」開発
1998年
  • RF信号レベル測定用「MLV-1936」開発
1997年
  • 全T測定DVDジッタメータ「MWJ-6390」開発
  • 総合評価用VICSデコーダ「MDC-2171」開発
1995年
  • ITS(高速道路交通システム)向け
    FM多重放送用DARCエンコーダ「MSG-2170」開発
1994年
  • CD/DVD市場向けCDジッタメータ「MJM-632/634/6321/6350」開発