概要

LabSat3 WIDEBANDは、L1、L2、L5等のRF信号の記録・再生を行うことができるGNSSレコーダーです。
従来のLabSat3よりも、より広い範囲の帯域(L1 ~ L5)のGNSS信号を記録再生することができるようになりました。
記録する周波数帯はユーザーによって任意に設定することができます。最大3つまで中心周波数を設定することができ、さらに指定した中心周波数に対して帯域幅を指定することができます。帯域幅は10MHz, 30MHz, 56MHzの中から選択できます。
この機能により、ユーザーは記録したい周波数帯を自由に指定して、実験を行うことができます。

●記録可能なGNSS信号

GPS L1 / L2 / L5
QZSS L1 / L2 / L5
GLONASS L1 / L2 / L3
Galileo E1 / E1a / E5a / E5b / E6
BeiDou B1 / B2 / B3
IRNSS L5
SBAS WAAS, EGNOS, GAGAN,MSAS, SDCM

LabSat 3 Wideband は167mm x 128mm x 46mmの小型のケースに収まっており、重さはわずか1.2㎏です。そのためGNSS信号を記録する場所を選びません。本器の再生機能と相まって製品開発やテストに使用できます。ワンタッチで記録、再生することが可能で、コンピュータとの接続は必要ありません。内蔵バッテリーで2時間使用可能で、1TBのSSDが標準で付属します。

特長

  • 56MHZまでの広帯域記録
  • チャンネル当たり3つの周波数
  • 4 or 6 ビット キャプチャー
  • ワンタッチで記録・再生可能
  • 1TB SSD
  • SD カードインターフェース
  • 内部バッテリーで2時間の連続動作可能
  • 単独動作、又は外部コントロール
  • 小型形状で、1.2kgの軽量ボディー
  • アルミニウムエンクロージャー

アプリケーション

LabSat 3 Widebandの応用は、ドローンや自動運転自動車、調査機器、パーソナルモニター機器、航空宇宙、製品の最終テスト等、広範囲にわたり製品全体の開発に役立ちます。

仕様

基本仕様
対応する衛星 GPS L1, L2, L5; Galileo E1, E5a/b, E6; GLONASS L1, L2, L3; BeiDou B1, B2, B3;QZSS L1, L2, ;L5; IRNSS L5; In Band SBAS等
ユーザーが自由に設定可能です。
出力信号レベル-73 dBm (-73 dBm ~ -160 dBmの範囲で調節可能)
RFチャンネル最大3チャンネルまで利用可能
RF CH1 中心周波数自由に設定可能
RF CH2 中心周波数
RF CH3 中心周波数
記録できる衛星数見えているものすべて
サンプリング周波数10.23 MHz, 30.69 MHz, 60 MHz (量子化の設定に依存)
帯域幅10 MHz, 30 MHz, 56 MHz
量子化1 bit (I&Q)
(RFチャンネル数を1chに制限した場合は、2bitもしくは3bitの利用が可能)
データフォーマットI & Q
外部入力2x CANチャンネル, 4x デジタルチャンネル, 1x RS232チャンネルの中から最大4ch利用可能
内蔵バッテリーの交換可能
記録媒体1TB SSD 4GB SDカード(ファームウェアアップデート用)
アクティブアンテナへの供給電圧 3.3 V
基準発振器10 MHz OCXO 温度安定性 +/- 0.05 ppm
周波数安定性 +/-0.3 ppm(納入時)
電圧動作範囲8v ~ 30 VDC
サイズ167 mm x 128 mm x 46 mm
重量1.2kg

※記載されている仕様・デザイン等は、性能・品質改善の為予告なく変更させて頂く事があります。