[34000シリーズ] シーケンス機能の詳細を教えてください

大容量電子負荷34000シリーズにはシーケンス機能が標準で搭載されています。
例えば、以下の様な電流ステップ波形で負荷を引くことができます。


34000シリーズのシーケンス機能では、シーケンスパターンを「ファイル」に記録させます。
「ファイル」は9個まで作成可能なので、9パターンのシーケンスを記憶させることができます。
また、1ファイルあたり16ステップの値を記憶させることができます。
リピート機能により最大9999回まで指定したファイルを繰り返して実行することができます。

■ シーケンス機能の詳細仕様は以下の通りです。

  1. ファイル作成可能数 9ファイル
  2. ステップ作成可能数 16ステップ(1ファイル当たり)
  3. ステップの設定時間最小幅 0.10s
  4. 1ステップの時間設定可能幅 1ステップ(0.10~9.90s) 2ステップ目以降(0.00~9.90s)
  5. ステップの設定時間単位 s
  6. vファイルの最大繰り返し回数 9999回