交流電源の周波数ディレーティング

6300/6500シリーズ交流電源は、オプションで最大500Hzまでの周波数を出力することが可能となりますが、周波数が高くなると内部素子の発熱により出力容量が制限されることがあります。これは「周波数ディレーティング」と呼ばれるもので負荷条件によって下図のような特性となっており、ご使用の際は注意が必要です。
交流電源による単相→三相変換の構成

製品情報
製品名シリーズ名型名主な用途 
大容量プログラマブル交流電源6300シリーズ6309PPWM方式三相4線式三相9kVA
6310P三相10kVA
6315P三相15kVA
6330P三相30kVA
6345P三相45kVA
6360P三相60kVA
6375P三相30kVA
6390P三相75kVA
63120P三相120kVA
63150三相150kVA
63180三相180kVA
6500シリーズ6510PPWM方式単相単相10kVA
6520P単相20kVA
6530P単相30kVA
6540P単相40kVA
6560P単相60kVA