【世界各国の電源電圧再現】三相4線出力交流電源による実現

一般的な三相交流電源の最大出力電圧(相電圧)は310Vとなっており、このときの線間電圧は537Vとなります。定格電圧が三相480Vの機器を試験する場合、定格+10%(528V)までの試験は可能ですが、+20%の試験要求には対応できません。
このような場合、力率改善回路を省略した三相交流電源6300シリーズに350V出力オプションOpt.674を追加することにより対応することができます。

【世界各国の電源電圧再現】三相4線出力交流電源による実現

関連記事

ページ上部へ戻る