アーク放電とは

二つの電極間にある気体に持続的に発生する絶縁破壊(放電)の一種であり、電極間の気体分子が電離しイオン化することでプラズマを発生し、その中を電流が流れる現象。

アーク放電検出に対応した安全試験器はこちらです。

関連記事

ページ上部へ戻る