【 V2H (AC/DC)の入出力評価・実験 】

V2H(ビークルトゥホーム) に代表されるEVPSの評価には、双方向性のある電源装置が必要となります。交直両用回生電子負荷装置と逆電流保護機能のある交流電源の組み合わせや直流電源との組み合わせで、双方向性のある交流電源や直流電源を模擬することができます。

    • V2H (AC/DC)評価用の系統模擬電源として
      交直両用回生電子負荷と交流電源を使い、双方向性をもった系統電源を模擬しております。交流電源は逆電流保護機能があり、逆電流が発生した場合でもシャットダウンし保護します。また回生した電力を交流電源の入力電力に利用(構内回生)することにより省エネの実験が可能です。
      ※EVPS(Electric Vehicle Power System) : 車両の充放電をコントロールする装置
      4_img1

 

  • V2H (AC/DC)評価用の系統模擬電源およびEV(電池模擬)として
    上記の系統模擬電源としての組み合わせにプラスして、EV(電池)側を直流電源と交直両用回生電子負荷を使い、双方向性をもったDC電源(電池)を構成しております。回生負荷装置なので電池充電模擬時は3相系統へ回生し他のエネルギーとして使用させることで、より省エネで実験・評価することができます。
    ※EVPS(Electric Vehicle Power System) : 車両の充放電をコントロールする装置
    4_img2

関連記事

ページ上部へ戻る