PCS(パワーコンディショナ)・太陽光発電システム関連アプリ

PCS(パワーコンディショナ)の連続運転評価

【 PCS(パワーコンディショナ)の連続運転評価 】

近年の電力供給不足により、大容量(5kVA以上)のPCS(パワーコンディショナ)のニーズが高まっており、大容量のPCS連続運転評価には系統を模擬する交流電源及び負荷装置が必要となります。
当社の交流電源EABシリーズはその構成により単相2線、単相3線及び三相3線出力が可能であり、逆電流保護回路を内蔵しております。また、交流電子負荷装置3260Aシリーズは最大で12.6kWまで対応可能であり、無償公開のソフトウエアを使うことにより電力変化の模擬をシーケンス動作で簡単に行うことができます。

関連記事

ページ上部へ戻る