概要

英国 Racelogic が開発をしたLabSat3 は、GPS およびGLONASS、BeiDou のL1 RF 信号を記録/再生することの出来るレコーダーシステムです。 記録デバイス(SD カード、HDD、SSD)に直接記録が可能で、バッテリー内蔵のため本体のみを様々な場所に持ち運び、シミュレーションテストを実施することができます。記録したGNSS の信号は、LabSat3 本体で再生することができます。記録・再生はREC ボタンを1つ押すだけで簡単に操作できます。 オプションのSatGen ソフトウェアは、地図やNMEA ファイルからGNSS L1 信号を生成することができ、LabSat3 から再生することができます。LanSat3 は、様々なGNSS 商品の開発に利用できるコンパクトGNSSレコーダーです。

LabSat3シリーズのご紹介導入例やシリーズの比較などをご紹介致します

特長

  • GPSシミュレータ、GPSレコーダー、GPSキャプチャーとして最適
  • GPS(Galileo, QZSS, SBAS), GLONASS, BeiDou に対応
  • 外部USB ハードディスクドライブを使って、記録・再生が可能
  • 外部センサーをRF 信号に同期して記録(RS232, CAN Bus, デジタルパルス)
  • イーサーネットを使ったリモート制御
  • 10MHz 外部リファレンスクロック入力対応
  • オプションでOCXO を選択可能
  • イベント記録用のデジタル入力、または、1PPS 記録が可能能
  • オプションでOCXOを選択可能
  • RF信号出力の減衰調節
  • 2時間以上のバッテリー駆動による記録
  • GNSS 受信機を内蔵し、RF信号のモニター機能

ラインナップ

品番内容
RLLS03-3RPトリプルRF チャネル記録・再生モデル CAN Bus / RS232 / Digital IO の中から2ch 利用可能
RLLS03-3PトリプルRF チャネル再生モデル
RLLS03-2RPデュアルRF チャネル記録・再生モデル CAN Bus / RS232 / Digital IO の中から2ch 利用可能
RLLS03-2PデュアルRF チャネル再生モデル
RLLS03-1RPシングルRF チャネル記録・再生モデル
RLLS03-1PシングルRF チャネル再生モデル

オプション

オプションのSatGenソフトウェアを使うと、シミュレートされたGNSS信号を地図や移動軌跡の 定義から生成できます。

GNSSレコーダーについて
GNSS は「Global Navigation Satellite Systems」の略称で、地球上の位置を決定する人工衛星システムを指す一般名称です。
GNSS には、米国のGPS、ロシアのGLONASS、中国のBeiDou などがあります。LabSat 3 は様々なGNSS からのRF 信号を記録して再生できます。
Labsat3 は標準的なGNSS アンテナからRF 信号を受信しますが、その信号から位置を計算するのではなく、高速でRF 信号をサンプリングし保存します。

例えばポータブルナビゲーションシステムなどの標準的なGNSS 受信機へLabSat3からRF 信号を再生・出力すると、その受信機は移動、遅延、マルチパスの影響を受けたアンテナに接続されたような状態になります。そのためLabSat3 は車で街を走るような移動シナリオを記録するのに非常に有効です。Labsat3 を使うことの利点のひとつは、テスト品質に一貫性を保つことです。もし製品開発において毎回実際に走行してテストすれば、運転条件の差や衛星の配置、大気条件など、テスト条件が毎回異なってしまいます。しかし、LabSat3 で記録した走行データを使えば、莫大な運転時間を削減でき、完全な同一条件でのテスト実施が可能になります。

仕様

 LabSat3 Single ChannelLabSat3 Dual, Triple Channel
Constellation1 of GPS/Galileo/SBAS/QZSS,GLONASS,or Beidou2/3 of GPS/Galileo/SBAS/QZSS,GLONASS, or Beidou
Output Signal LevelAdjustable -83dBm to -115dBmAdjustable -83dBm to -107dBm
RF Channels12/3
RF Channel 1 Centre Frequency1561.098/ 1575.4/1602.00 MHZ
RF Channel 2/3 Centre Frequency-1561.098/ 1575.4/1602.00 MHZ
Number of Satellites ObservedAll in view
Sampling frequency16.368MHz
Bandwidth9.66MHz
Quantisation1 or 2-bit2/3xchannels at 1-bit or1xchannel at 2-bit
Data FormatI & Q
User Control6 Button Membrane Keypad
DisplayBacklit LCD Dotmatrix
Additional Logging-2 channels of CAN, RS232 or Digital
Removable Battery PackRecord & Replay version onlyBoth versions
Battery TypeVarta Easypack Li_Polymer 2260mAh
Media Storage Included32 GB SD Card & 500GB USB HDD
SD Card MediaClass 10 max size 128Gbyte (FAT32)
Active Antenna Voltage Supply 2.85V
Reference Oscillator16.368MHz Temperature controlled +/- 2.5 ppm or OCXO option
Operating Voltage8V to 30VDC
Size167mm x 128mm x 43mm
Weight960g with battery (910g without battery)
Operating Temperature-20°C to +60°C
Note: Battery will not charge below 0°C or above +45°C (charger shuts down outside this range). Unit will shut down outside operating temperature range.
Storage Temperature‒20°C to +60°C
Note: Battery will discharge whilst in storage and discharge rate will increase at higher storage temperatures.

※記載されている仕様・デザイン等は、性能・品質改善の為予告なく変更させて頂く事があります。